静清信用金庫取引先の若手経営者・後継者の育成支援と異業種交流を目的とした会員組織 せいしんビジネスクラブ

SBCのご案内
トップページ > SBCのご案内

せいしんビジネスクラブ(SBC)のご案内

せいしんビジネスクラブ(SBC)は、当庫取引先の若手経営者・後継者の育成支援と異業種交流を
目的として昭和62年7月に発足しました。
SBCの活動は、以下の通りです。
 (1)経営研究会

 (2)運営事業

 (3)企業経営支援サービス

 (4)個別コンサルティングサービス

 (5)分科会


 

事業の内容

1.経営研究会(ベーシックコース、アカデミーコース)

実践的な経営ノウハウの修得、企業経営上必要な情報の吸収等を目的とした勉強会を、原則として「偶数月」に開催いたします。(経営者相互の交流の場として、有意義な時間を設けます )

2.運営事業

総会記念講演会、新春講演会などの各種講演会、県内外の注目企業や各種ランドマーク、メッセ等の視察、海外視察などを、原則として「奇数月」に開催いたします。

3.企業経営支援サービス

SBCWebライブラリーでは、「商談情報」「新商品開発情報」 「マンスリーリポート」などタイムリーなビジネス情報を5日、15日、25日に配信しています。また、1000タイトル以上の経営に関するビジネスリポートを掲載しています。
このほか、管理者研修、新入・若手社員研修等を開催し、会員企業の人材育成の支援も行っております。

4.個別コンサルティングサービス

経営戦略策定、人事・労務、販売戦略立案、補助金申請など、会員企業の経営にかかる相談に、当金庫中小企業診断士がお応えいたします。

5.分科会

より実践的な異業種交流活動への取組みと、会員による自主運営を目的に、SBC各コースを横断して組織いたします。会員からシーズを公募、賛同会員を募集し、事務局は側面支援(注)を実施致します。
注:分科会組成のサポート/静清信用金庫からの活動費補助/事業運営上必要な情報提供/関係機関との連携
 
 研究会の様子

海外視察の様子

分科会の様子




コースの構成

新規会員と継続会員について

新規会員

新規に入会いただく方は、ベーシックコース(A会員)に所属していただきます。
入会条件は、「45歳以下で経営研究会に出席可能な企業経営者及び後継者であること」と、「当金庫担当地域支店長による推薦があること」となっております。

継続会員

現在いずれかのコースに在籍されており、引き続きSBCに在籍される会員。
ベーシックコース在籍の方は、原則としてアカデミーコースに進むこととなりますが、再度ベーシックコース、またはB会員を選択することも可能です。


各コースの内容について

SBCでは会員の「在籍年数」、「参加したい事業内容」の状況により、各コースに分かれて活動を行っております。

A会員    ベーシック・アカデミーコースのいずれかに所属する会員。研究会(偶数月)及び運営事業(任意参加)の全てに参加可能。

(年会費6万円)
ベーシックコース(初年度)
新規会員が対象。経営戦略、経営分析、リーダーシップの執り方、マーケティングなど「経営の基本」を総合的に修得する若手経営者、後継者に適したコースです。
今年度の事業スケジュール
アカデミーコース(原則2年目以降)
入会2年目以降の会員が対象。経営戦略、人事制度、法制度・税務をはじめ、販路拡大、情報化への取組、休眠特許の活用など、より企業経営に即した研究を多彩な講師を招いて実施いたします。
◇今年度の事業スケジュール

B会員(原則3年目以降) 運営事業のみ参加可能な賛助会員。なお、新規会員がB会員として入会することはできません。

(年会費2万円)
◇今年度の事業スケジュール


会費特典

同一企業において代表者及び後継者の方が入会され、入会者が1企業2名以上となった場合、1名に限り既入会者の会費を半額とさせていただきます。

TEL:054-271-0146  FAX:054-273-5020
Mail:soudan@seishin-shinkin.co.jp
静清信用金庫